思いつき、備忘録、日記、エトセトラケセラセラ・・
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年07月26日 (火) | 編集 |
SDカードへの移動を許可するにはManifest.xmlを編集します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
package="org.example.graphics"
android:versionCode="1"
android:installLocation="preferExternal"
android:versionName="1.0">
<application android:icon="@drawable/icon" android:label="@string/app_name">
<activity android:name=".AndroidGraphics"
android:label="@string/app_name">
<intent-filter>
<action android:name="android.intent.action.MAIN" />
<category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
</intent-filter>
</activity>

</application>
</manifest>

ポイントは

android:installLocation="preferExternal"

という一行です。

android:installLocationでインストール先の指定ができます。選択できる値としては以下のようなものがあります。

internalOnly : 内蔵メモリへのインストールのみ許可します。
auto : 内蔵メモリ優先でインストールします。しかし内蔵メモリの容量が一杯だった場合はSDカードへ保存されます。
preferExternal : SDカードを優先してインストールしますが、SDカードの容量が一杯だった場合は内蔵メモリへインストールされます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。