思いつき、備忘録、日記、エトセトラケセラセラ・・
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年04月30日 (水) | 編集 |
ニコニコ見てたらそんなコメントに出会って、なんだか妙に納得してしまった。

トミノ監督の思惑はどうだったんだろう?
まさかそこまでは含ませて描いてないと思うが。

ロラン・セアックララァ・スン

発音してみると、名前も似てるような気がしないでもない。

どちらも若くして妙に老成してるし。
スポンサーサイト
2006年12月14日 (木) | 編集 |
富野御大は別格として、数あるガンダム小説の中で唯一快作を書いた福井晴敏と、真のガンダムキャラの生みの親である安彦良和のコラボ。
まずはガンダムエースで小説としてスタートするらしいけど、久しぶりにワクワク期待感のもてるガンダムが始まるっす

情報:シャア専用ブログ
http://char.2log.net/archives/blog1221.html
 
2006年09月06日 (水) | 編集 |
マニーなひとにおいては、とうにご存知かつジョーシキなのでしょうが、知らない人に一言。
これ連邦じゃなくってジオンのMSなんすよ!うおー何じゃコリャー
そういえばよおく見てみるとジオンらしきモールドがそこかしこに。
絶妙だなぁ。
巧の技ですよ。







コイツはジムのカモフラージュ機なワケで、
ひっそりと近づいていって騙し撃ちを狙うという軍人魂を誇れないツライ存在。
しかも出自には味方機に墜とされるというオチがついてるらしい。

これぞ戦争のアダ花(哀)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。